人生を彩る、ささやかなおすそ分け

「みなさんの心は今、ポカポカしていますか?ここにいるキャストの方々が本当に大好きです。魔女の宅急便を作り上げてくれた演出家さん、音楽家さん、多くのスタッフさんにもたくさんお世話になりました。この作品が大好きです。観にきてくださった方々の人生をちょっぴり彩る作品であったらいいなと思っています。本当にありがとうございました。」



千秋楽のレポから抜粋させていただきました。




人生で初めてのミュージカル、そして人生で初めてのジャニーズから離れた外部の舞台。東京・名古屋・大阪の三大都市の劇場で、全18公演。ただでさえ慣れないことがたくさんあるのに感染対策もしなければならず、もちろん他のお仕事も、大学だって両立させて、彼は最後まで駆け抜けてくれました。


稽古が楽しい、共演者さんが大好き。どの媒体でも不安や弱音よりそういうことをたくさん言ってくれた那須くん。メンバーから積極的にアドバイスを貰い、ただひたむきに努力するその姿を一体どれだけの数の人が知っているのでしょう。



千秋楽で涙が溢れた分だけ那須くんは努力を、そして同時に不安を積み重ねていたのだと思います。


挨拶の前に泣いてしまったけれど、それで良かった。那須くんが1人で張り詰めさせていたものがやっと溢れる時が来てくれて、本当良かった。




私は東京公演に1回だけお邪魔させていただきましたが、ドリボの時とは比べ物にならないくらい、お芝居も歌も格段に上手くなっていて普通に泣きました。
舞台上にいる時は、前にいても後ろにいても「トンボ」として神経を張り巡らせた那須くんの姿があって、頭から爪の先まで「トンボ」そのものでした。


『立てば芍薬座れば牡丹、歩く姿は百合の花』
歌う時、踊る時、演技している時、全て同じように華やかなのに、どこか違う。特に眼鏡を外すシーン、あそこはまさに“座れば牡丹”だと思いました。
一役で何個も違う魅力を出せる那須くん...(語彙の限界)



今までそこそこ演劇やミュージカルを観てきましたが、魔法にかけられたような、不思議で軽やかな気持ちで観劇した作品は初めてです。私もきちんと魔法のおすそ分けをもらえたみたいですね。




「観に来てくださった方々の人生をちょっぴり彩るような作品」
那須くんはなんて素敵な言葉を選ぶんですか。

宝くじで100万円当たるとか、世界一周旅行に行くとか、そういう劇的なことじゃなくて、常に人生に転がっていて見落としがちなささやかな喜び。




魔女の宅急便は日常にスっと組み込まれる小さな彩りとして、これからもたくさんの人たちの心の中に残り続ける作品だと思います。









最後に

魔女の宅急便那須くんの人生を彩る作品であることを祈って。

Cosmic Melody

Cosmic ・・・ 宇宙を思わせるように神秘的な、広大無辺な



2018年、彼らが美 少年というグループ名の2つ前、東京B少年だったとき。その当時のパフォーマンス映像がYouTubeで600万回再生を突破した。

ジャニーズJr.チャンネルの動画を人気順に並べると、SixTONESSnowManといった既にデビュー済みのグループの動画がずらっと並ぶ。
かっこいいパフォーマンス動画やダンス動画に惹かれる人も多いだろうが、再生するのをグッと我慢して、少し下にスクロールしてみてほしい。


周りの絵面からは少し浮き気味な、ピンク一色のサムネイル。その中に映る6人の少年たちが、それぞれ別々の方向を力強く指差している。

 


東京B少年 Cosmic Melody 』




軽やかな前奏が流れ出すと共に、まるで子どもが眠った途端に部屋を動き回る人形のように踊り出す少年たち。

スポットライトがパッとあたり、ステージの上の彼らが照らし出される。
まだあどけなさの残る顔と、少しだけ高めな声。



歌い出しは藤井直樹。
最年長の落ち着きからか、ゆったりと両手を広げるその姿はまるでショーの始まりを告げるチェアマンのようだ。
「さぁ僕たちのショーをご覧ください」そう言わんばかりに立ち振る舞いに余裕がある。


続いて歌うのは最年少の金指一世。
おそらく美 少年のなかで今と一番顔が変わっているのは彼であろう。まだ表情からも歌声からも幼さが滲み出ている。

しかし、この年齢でも時折垣間見れる麗しさ。彼がいずれあんなにも美しくなることをジャニーさんは既に見抜いていたのだろうか。


「輝く星たちが音符へと変わっていく」
これはまさに、これから6つの星たちが奏でる音楽を表しているように感じられる。



金指の後ろから出てくるのは佐藤龍我。
「希望のメロディを」という歌詞が一番似合うのは彼だと私は思う。美 少年いちスタイルの良い彼が中央に出てくることにより、ステージの華やかさが一気に増すのだ。


「見上げた夜空集まる星の」

下手から那須雄登、上手から浮所飛貴
曲調が変化するこの場面に、爽やかさを持つ那須と、キラキラしたアイドル味を持つ浮所。ここで正反対な2人をもってこようと考えたのは一体誰だろう。
2人にしか出せない魅力が、このたった一文にも満たない歌詞から伝わってくる。


最後はその名の通り“大将”こと岩崎大昇。
サビ前にたっぷりとビブラートを響かせる彼の声は、さすが美 少年のボーカル担当といったところ。金指をミラーボールに見立てて他の5人がくるくると回す振り付けもとても可愛らしい。




そしてサビ。

美担なら誰もが踊れるであろうキャッチーな振り付けと、混ざり合う6人の歌声。

誰もが楽しく歌って踊れるという点がこの曲の一番の強みだろう。






ステージをキラキラと舞う、6つの星たち。
輝いて見えるのは衣装のせいだけではなさそうだ。


輝く星たちが音符へ、音色へ、音楽へと変わっていくその姿は、宝箱に閉じ込めてしまいたいくらいに美しく、瞬きができないくらいに、一瞬。






B少年は「美少年」からきている。
彼らの武器は、汚れなき美しさ。

この頃から既に「美 少年」は美少年だったのだ。



果たして彼らは自分たちのパフォーマンスが600万回も再生されたことに気がついているだろうか。
こんな時期だからこそ、家で過去の動画を見返したりすることもあるだろう。「こんなに再生されてるんだ」とささやかな喜びを彼らにプレゼントできたなら、美担の1人としてとてもうれしく思う。




最後に

『 Cosmic Melody1000万回突破おめでとう! 』

そう祝える未来が待っていることを願って。